区星のパワプロ2018ブログ

再現選手リクエスト受け付け中

鵜久森淳志(2018年戦力外引退選手)(パワプロ2018再現選手)

済美高校→北海道日本ハムファイターズ2004年ドラフト8位→ヤクルトスワローズ

とりあえず説明長くなるので能力と説明貼ります

f:id:gak6183:20190225172408j:plain

査定のあれこれ

2016年 .257 4本 19打点

チャンス………得点圏打率.300越え

満塁男……2016年に満塁弾一本満塁打率.400 2017年は代打サヨナラ満塁弾

遍歴

  ルーキーイヤーは二軍公式戦でチーム最多の88試合に出場。チーム2位の8本塁打を放ったが、打率.228と三振90三振に到達した選手の最下位であった。

  翌年公式戦の開幕直後に一軍へ初昇格。代打として一軍デビューを果たした。二軍公式戦では、チーム2位の89試合に出場したが、打率.228、4本塁打と不調。シーズン終了後には、ウィンターリーグへ参加した。

  2007年は公式戦で、チーム2位の88試合に出場。打率.286、10本塁打、リーグ4位の46打点という内容で、入団以来最高の成績を残した。

  2008年一軍公式戦11試合に出場。一軍初安打・初打点を記録した。

  2009年二軍公式戦で、リーグ2位の20本塁打を記録。ただし、一軍公式戦への出場機会はなかった。

  2010年、4月11日の試合で先制打を記録。しかし、直後に故障で二軍へ降格。二軍公式戦では、55試合の出場で.347という高打率を残した。

  2011年、この年から背番号を44へ変更するとともに、公式戦の開幕を一軍で迎えた。7月30日に一軍での初本塁打を記録した。

  2012年、一軍公式戦で、事実上の3打席連続本塁打を放った。

  2013年、一軍公式戦22試合。2014年には24試合に出場。いずれの年にも1打点を挙げたが、本塁打を放てなかった。

  2015年一軍公式戦3試合の出場で無安打に終わると、10月2日に球団から戦力外通告を受けた

  トライアウトで7打数2安打1二塁打と結果を残しヤクルトが獲得を発表

  2016年は自身四年ぶりとなる本塁打を含む4本塁打打率.257 19打点を記録した

  2017年は代打サヨナラ満塁弾を放ったが本塁打は前述した1本のみで、打率は.206、打点は7にとどまった。

  2018年は代打中心で3割近く数字を出したが二軍落ち、戦力外通告を受けた

  トライアウトでも結果を残せず引退を表明した

  今後はソニー生命の営業職員になるらしい

その他パワプロ2018などの関連記事はこちら